PR|壁紙を簡単にリフォーム|

私は元々、洋服、絵など、デザインに関係するものが好きだったので、インテリアにも関心はあったのですが、特にインテリアに対する関心が高まった契機は、たまたま観た名作映画「時計じかけのオレンジ」に出てくる個性的な家具達を目にしたことでした。

 

そこから北欧系の家具や、リーズナブルにデザイナーズの家具を購入できる、「リプロダクト」に関心を持ち、イームズ、ジョージ・ネルソンといった、ミッドセンチュリーの家具を集め、自分なりのインテリアを構築し、雑誌smartにも掲載して頂きました。

 

それから3年、子供が生まれ、自らも年を重ね、徐々に生活環境が変わっていく中で、今回模様替えをしました。あまりにミッドセンチュリーに固執しすぎた部屋に、やや子供っぽさを感じつつあったので、リビングで一番存在感があったソファーを、黒のコルビジェ「LC3」から、インテリアショップ 「momo natural」のキャメルのものにすることで、部屋全体の色を黒系か茶系に変更。

 

また、リビングとキッチンの間のダイニングに吊るしていた、これまたミッドセンチュリーの「PH5」のペンダントライトを思い切って取っ払ったことで、二次元的にも三次元的にも狭かった空間が、高さという点おいて広がりました。縦横だけでなく高さにおいて部屋を広げる意味は大きいと思います。

模様替えのポイントとして重要だと思うのは、まず全体としてどのような空間にしたいのかをじっくりと考え、それがリビングであれば、キッチンやバルコニーから俯瞰してリビング全体を眺め、その調和、ゴチャゴチャしすぎないか等を頭の中でイメージとして想像し、他の視点を取り入れるためにも家族や友人に相談し意見を聞いてみることも有意義だと思います。

 

最終的には、クレジットカード、セール、ネットを駆使し、いかにコストを抑えるかも、模様替えをより幅広く充実したものにするためには重要だと思います。

またしばらくしたら、部屋をマイナーチェンジし進化させるべく、楽しく試行錯誤したいと思います。

 

心の童話|童話集|オーディオ|PageRankExpolreオ|全身脱毛 どこがいい|SEO|ページランク別相互リンク集|seoリンク|全身脱毛どこがいい|ショッピングカート設置|MY2-Link|女性の人生|相互リンク募集サイト|