高さにこだわった棚をDIYしました

引っ越しの際、新しい部屋の窓の下に収納BOXを置きたいと考えていました。
カラーボックスを倒した状態で設置すると、窓枠までの隙間が大きく2つ重ねると窓に重なってしまう高さでした。
インテリアのお店やネットでちょうどいいサイズの棚は無いかと探しましたが、良いサイズが見当たらなかったため、自分で棚を作ることに決めました。

棚を作ったのですが、特別重たいものを乗せるわけでもなく、自分の部屋に設置するものだったので、見栄えはあまり気にせず、ホームセンターで角材と厚さ1cm程度の板を購入しました。
作る過程で気にしていた、床から窓枠までの高さの実だったので、板はもともとかカットしてあるものを選び、角材はお店で切ってもらいました。
ちなみに、私は車を持っていないので、買い出しは友人に付き合ってもらったのですが、この時に部屋の写真を見せながら話をしたことで、色など客観的な意見をもらうことができました。
組み立ては4つ角に角材を置いて、間に板を2枚挟み込んで釘を打ってだけです。
1つ色付けするのにペンキを買うのはもったいなかったので、ラッピング用の紙をまいたのですが、これで釘の跡を隠すことができたので正解だったと思っています。

ちょっとしたこだわりが反映された出来合いの商品は意外と少ないので、簡単にできるものであれば、自分で作ったほうが納得して使い続けていけると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です