自分が本当に気に入った色や柄を選ぶべきです

結婚して1年で家を新築して新居に引っ越しました。新居はハウスメーカーの注文住宅だったので、インテリアコーディネータの方のアドバイスのもらえ、素敵な壁紙やカーテンなどを紹介してくれました。

 

でも私の場合、まず自分の持っている嫁入り道具の家具に合わせ床の色を選んでしまい、その床の色と柄を基準にそれに合う壁紙とカーテンを選んでしまいました。ダークのトラディショナルタイプという品と高級感はありますが、クラシックな感じの今どきの家というものとはかけ離れた家になってしまいました。

 

結局、嫁入り道具に持ってきたソファーセットは高級なものではありましたが、大きさが新築のリビングには小さいという事で二階のサブリビングに置くことにし、メインのリビングのソファーセットは新たに購入することになりました。

 

ダイニングテーブルセットは有名ブランドのアメリカンウォールナットという色の家具ですが、床材はトラディショナルタイプを選ぶことはありませんでした。家具は最悪買い換えることも出来ます。

 

もしかしたら家具屋さんにお願いすれば塗り変えることも可能だったかもしれません。家具はある程度参考程度にして、長く使う家のインテリアはそんなに簡単に変更できないので、自分が本当に気に入った色や柄を選ぶべきだと思いました。

 

PR|壁紙も好みに合わせて張替え|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です