カーテンの種類と特徴について

住宅に必ずと言っていいほど付いているカーテンですが、カーテンにも多くの種類があります。

レース編み機で編まれた生地で作られたカーテンをレースカーテンと言います。窓側に吊るされて、光を和らげて日中の部屋の雰囲気を作り出す効果があり、外からの視線を遮る役割があります。

ドレープカーテンは、レースカーテンよりも部屋側に吊るされる厚手のひだのあるカーテンの事を言います。

遮光性や遮熱性、防音効果などの機能が付いているものもあります。
生地の色やデザインも豊富で選ぶ楽しみもあります。ライフスタイルに合わせて選択する事が肝要です。

その他にも防炎加工カーテンは燃えにくく、燃え広がらない加工がされたカーテンで、キッチンなど火を使う場所や子供部屋などに使用されます。公共施設や高層マンションでは、防炎カーテンの使用が義務付けられています。

部屋のイメージに合わせて選ぶ事が大事ですが、良い部屋作りの為に、それぞれの特徴を理解しておくことが肝要です。

PR|壁紙張り替え料金は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です