手間に感じてもDIYリフォームする前は参考画とカバー

DIYリフォームをするにしても、何の参考もなくDIYリフォームをはじめてしまいますと、失敗することもあります。DIYリフォームを行う前には、雑誌でもなんでもイメージしやすい写真があるといいでしょう。

 

棚一枚程度でしたら、そりゃあ参考イメージなどを見なくてもできるかもしれませんが、人目に触れる場所に収納をつくる時なんかは、しっかりとイメージしてから作る方がいいでしょうね。「作ってみて違うわー」になってしまうことが実は結構あったりもしますからね。

 

それに、フローリングもそうですけれど、壁紙などに対してなど、周囲に配慮してDIYリフォームを行わないと、目立つ傷をつくることになります。ちょっとした造作家具をつくる場合などを考えてみても、職人さんでさえ、カバーをしてから行いますからね。職人さんが自分の家をリフォームする際も同じだと聞きますから。

 

それに一時の手間を面倒くさがってカバーもないもしなければ、傷を作ってしまいその後何十年と後悔することになりかねませんからね。手間に感じてもカバーをしてからDIYリフォームを始めるのがいいでしょう。

PR|壁紙の汚れが目立ってきたら|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です