子ども部屋の模様替えに購入したウォールステッカー

友達がオシャレにウォールステッカーを使っていたのを見たことから、我が家でもチャレンジしてみようと子ども部屋に大きなステッカーを購入しました。いくら子ども部屋だからといっても、壁紙を派手にするのには抵抗があります。特にまだ子どもが生まれていない、予定がたたない、性別も分からない状態では選びようがありません。その点、ウォールステッカーなら子どもの好みに合わせて選べますし、多少派手でも問題ありません。壁一面にカラフルなステッカーを貼ったところ、子どもも「可愛い!」と喜んでくれました。反対にリビングなどみんなの空間に貼るには、単色使いやモノトーンがシンプルでおしゃれです。あまり派手すぎると壁のステッカーの存在感が強くなりすぎてしまいます。控えめだけれど、インテリアに合わせて貼ることで洗練した部屋を印象付けることもできます。初めて来たお客さんにも「こんなのがあるんだね、素敵!」と言われることがよくあります。何もない空間が少し寂しいと思う時には、手軽に部屋の雰囲気を変えられる便利さがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です