インテリアに凝ってしまう女性は多いですよね!私もその一人です。女性は本来巣作りの本能があるせいか、自分が長く身を置く環境を、心地よく整えることに夢中になりがちです。夜、仕事から帰ってほっと一息つける壁紙の部屋にしたい!とか、友達を呼んだとき、さりげなく自慢できる部屋にしたい!とか、目指す方向は様々だと思います。今回は、特に、ほっと一息つけるお部屋のインテリアについてご提案したいと思います。一つ目のキーワードは、色です。部屋全体にさまざまな色が散らばっていると、目が落ち着きません。元気の出る部屋にしたい場合はそれも楽しいのですが、今回目指すのはほっと一息つける部屋なので、色数は多くて3つまでにしたいと思います。二つ目のキーワードは、質感です。硬質なものや、メタルチックな質感は、神経をとがらせ緊張感を生みます。心がリラックスできる質感は、自然に近いものです。木材や布など、有機的で自然の歪みや色むらがある素材を選んでみましょう。たった二つのことに気を付けるだけで、あなたのインテリアはガラッと変わるはずです!これからも素敵なお部屋作りを楽しんでくださいね。